本質的な治療院経営ノウハウを身につけたい先生のための、

電話は必ず3コール以内

治療院に限ったことではないが、電話は必ず3コール以内に受話器をとる必要がある。 これは一般企業に勤めたことがある人にとっては常識である。 3コール以内に受話器を取れなかった場合、電話を掛けた患者はサービスの低い治療院…

詳細を見る

【整骨院】看板に料金は表記するべきか?

整骨院の先生から、 「看板の変更を考えているのですが、  料金を表記することはデメリットになりますか?」 というご質問をいただきました。 結論から言えば、看板に料金を表記することにデメリットはありません。 それどころか逆に、た…

詳細を見る

売上の公式とは

売上を上げるためには売上の公式をよく理解することだ。 売上が上がらないと悩む治療院経営者の多くはこれが理解できていないため単純に新規患者集客に右往左往する。 まずは自院のどこが問題なのかを明確に理解することだ。 …

詳細を見る

【整骨院】料金の値上げについてよくある質問

整骨院・治療院の、値上げに関するご質問です。 「治療メニューの値上げを検討していますが、  既存の患者さんへの対応と新規の患者さんの対応は  どのようにすれば良いでしょうか?」 というご質問をいただきました。 値上げに関するご質…

詳細を見る

治療院は身体接触を伴う高度なサービス業

治療院の仕事を職人業と勘違いしている方が多い。 職人業は物に向かう仕事であり、人とのコミュニケーションをあまり必要としないが、治療家業は患者という生身の人間を相手にするもの。しかも直接患者の身体に触れるのである。 これほど高度なコミ…

詳細を見る

休みのない治療家が今すぐ取り組むべき事

「休みを取りたいけど、なかなか休みが取れない」「収入が心配なので、休むのも不安」「どうすれば休みを取れるのか?」  こんな悩みを持たれている先生は少なくありません。 先日はある先生から「どうすれば休めますか?」といっ…

詳細を見る

新患集客は量より質

新患は「何人集めるか」より「どんな患者を集めるか」が重要である。 「保険による安い治療を求める患者」 「リラクゼーション目的の患者」 「大幅割引だからこその患者」 このような患者は、集めたところで長期的に見れば治療院…

詳細を見る

マンションの一室での整骨院開業を避けたほうが良い理由

整骨院・治療院の開業について検討されている先生から、 「店舗ではなくマンションの一室で  開業することについてどう思われますか?」 といったご質問が寄せられました。 とても重要なことなのですが、「マンション・アパートでの開業」と「…

詳細を見る

集客には3種類「新患集客」「再初診集客」「継続来院促進」がある

集客と言えば、すぐに「新患集客」を思い浮かべる人が多いが、「再初診集客」と「継続来院促進」もある。 治療院の売上の80%は「継続来院促進」によってもたらされることが理想的な状態である。 開業後の年数の経過とともに新患数より再…

詳細を見る

整骨院・治療院のチラシ配布の注意点

整骨院・治療院の先生からよくいただく質問のひとつが、「チラシ」についてのご質問です。 とくに、 「うまくいっていたチラシの反応が突然悪くなった」 といったご質問をよくいただきますが、チラシの反応率が下がってしまう原因はいくつか考え…

詳細を見る