本質的な治療院経営ノウハウを身につけたい先生のための、

患者の卒業率を高める【その1】

2018.09.03

患者の卒業率を高める【その1】 はコメントを受け付けていません。

卒業とは、初診時に設定した三ヶ月以上の治療計画を患者に完遂してもらうことである。

重要なのは、患者が痛みが無くなったなどの理由で通院をストップするのではなく、治療家が検査の結果を元に根本原因が解消し、「もう通院の必要なし」と判断するまでは治療を継続することである。

この確率を高めることに注力すれば、驚くほど業績は向上し安定するのである。

関連記事

コメントは利用できません。