本質的な治療院経営ノウハウを身につけたい先生のための、

検査でよくある間違い:頚椎の可動域検査

今週のWeekly Inspirationは、

「検査でよくある間違い:頚椎の可動域検査」

です。

患者さんが、首や肩・腕に症状を抱えている場合、絶対に外せない検査の1つが頚椎の可動域検査です。

時々、4方向しかやらない検査を見かけることがありますが、

・前屈
・後屈
・側屈の左右
・回旋の左右

という6方向を必ず計測することが大切です。

それ以外にも、重要なことがいくつかあります。

詳しくは本編をご覧ください。

関連記事

コメントは利用できません。