本質的な治療院経営ノウハウを身につけたい先生のための、

マッサージに行きたがる患者さんへの対応

今週のWeekly Inspirationは、

『マッサージに行きたがる患者さんへの対応』

です。

今回いただいたご質問は、マッサージに通うのがクセになっている患者さんについての質問です。

下記、いただいた質問の全文になります。

————————————–

何年も月1回のマッサージにいき、
癖になっている人からの質問です

マッサージでは治らないからきているのだから
もみほぐし必要ないと言い切ればいいのですが

計画治療中で、初回から3回目ぐらいで
背中やふくらはぎがこるので、
マッサージに行ってもいいですか?
と聞かれることがあります。

私の答えとしては、
必要ありませんと伝えています。

根本原因が、与える影響を再度伝えています。

頭と腰の位置が前に行き、
からだの後面が常に緊張していることが原因で
根本改善する処置をしていますので

根本から改善してくれば、コリも感じなくなりますし
現在のコリは、原因でなく結果なので

もみほぐすと、一時的に楽になるかもしれませんが
何度も繰り返すので必要ありません

お伝えしてある、体操や日頃の
姿勢を気を付けてくださいと伝えています

背中は、頭部前方変位で、
引き延ばされているのでもみほぐしはよくないし

ふくらはぎにも、腰部前方変位で、
引き延ばされているのでもみほぐしはよくない

なんか伝わらない気がします

何年もつらい問題が、
3回目でスッキリとはいかないので
何かいい説明や対処があればご指導ください

問題は、どこが伝わっていないのでしょうか?
根本原因
治療法
良くなる
すぐには全部良くならない(長期の問題)

それとも、他に問題があるのでしょうか?

————————————–

患者さんがマッサージ通いを辞めない原因は、実は先生側にもあるというのが、井上の意見です。

では、具体的に治療家として、どのような対応をすればよいのか?

詳細はぜひ、動画全編をご覧ください。

関連記事

コメントは利用できません。