本質的な治療院経営ノウハウを身につけたい先生のための、

【Google】架空の患者から悪い口コミが寄せられた

今週のWeekly Inspirationは、

『【Google】架空の患者から悪い口コミが寄せられた』

協会の先生より、「架空の患者からGoogleに悪評が寄せられました」…といったご相談をいただきました。

下記、質問全文です。

———————————-
今回はGoogleの悪評に対する
レスポンスについてお願いします。

本当に通院していた患者であり、
尚且つ、治療期間、来院回数などあっていればともかく、
架空の患者が架空の治療内容などをでっち上げ、
評価を落とすという口コミが最近ありました。

「2ヶ月前に2ヶ月程度交通事故治療で通院していたが、
全く良くならず改善せずに保険会社に相談して治療を中止した。
口コミが良かったから期待して行ったのに
期待外れでもう二度と行きません。」

ここ5年間で交通事故患者を絞って
そもそも治療の中断や、回復、改善が見られないので
転院や治療の中止なども誰もいません。

交通事故の患者さんは
ここ5年では途中離脱ゼロの100%であり、
治療終了後には必ず患者様の喜びの声を頂いていますし、

そもそも保険会社さんとは積極的にコミュニケーションを取り、
治療終了前や治療終了した翌日に必ずお電話でお礼と、
また機会がありましたらと丁寧に接しております。

今回は
患者がよくならないから保険会社に電話し、
保険会社も治療の中断もし、
患者も途中離脱したと、ありました。

一つも当てはまらず困っております。

市内のライバル院の刺客なのか、どこか違う院と
間違えての投稿なのかはわかりませんが。

月1回の検査に加え終了の際も
検査でペインスケールなどフル検査もしてるし、
該当者がいない際はどうやって返事を書いたら良いか
悩んでいます。
———————————-

架空の口コミであることが明らかなのであれば、先生が取るべき対応を決まっています。

動画の後半では、悪い口コミに対してどのように捉え向き合うべきかについても、詳しく解説しています。

詳細は本編をご覧ください。

関連記事

コメントは利用できません。