本質的な治療院経営ノウハウを身につけたい先生のための、

カテゴリー:Monday Inspiration

広告効果はLTV(ライフタイムバリュー)で判断する

チラシやHPの広告効果を来院数だけで判断してはいけない。 来院数は初回を大幅割引したり無料化すれば100人でも200人でも可能になる。 広告効果は『新患数×平均単価×平均来院回数』で判断しよう。 …

詳細を見る

治療時間が短いほど来院頻度を高められる

治療時間を短縮すると患者が減るんじゃないかと心配する治療院経営者がいるが、実は正反対。 リラクゼーションなら一定の心地よい時間が必要だが、治療はできるだけ短時間な方がいい。 例えば、60分の治療なら週1回でも通院は困難になるが、10…

詳細を見る

治療時間は短いほど価値がある

地球で暮らす人間にとって時間ほど重要で貴重なものはない。 同じ治療効果ならより短時間にすることで価値は増大する。 時間潰し目的の無意味な治療のように、自らの価値を下げているだけの治療内容は含まれていないかを、改めて見直すべきである。…

詳細を見る

治療回数を明言することで患者の来院回数は劇的に増大する

リラクゼーションサロンでは、来院回数は患者の意思任せになってしまうが、治療院における患者の来院回数は治療家がコントロールできる。 その際に重要なのは、「毎週月曜と木曜日の週2回、4週間で8回来院してください」といった具合に明言する…

詳細を見る

「痛みの解消」と「治す・治る」は別次元

世界的な共通認識として、「治す・治る」と「痛みの解消」は全く別次元の話である。 患者の痛みを理解し共感してあげることは大切な気持ちだが、それ以上に重要なのはその痛みを引き起こしている根本原因を解消してあげることである。 …

詳細を見る

新患集客と新患失客

新患集客を重要視している治療院経営者は多いが、新患失客数を認識している人は少ない。 1ヶ月に30人集客しても1ヶ月以内にその50%も離脱(失客)しているなら治療院経営を根本から見直す必要がある。 …

詳細を見る

回数券は売上ではなく負債

回数券の販売実績を売上と言う人がいるがそれは明らかな間違い。 会計処理上も販売時は預り金であり、施術が終わった部分だけが売上にある。 預り金とは負債であり、施術を行う義務である。 …

詳細を見る

営業用名刺は治療家の良心

治療家なら常に営業用名刺を持ち歩かねければならない。 何故ならいつお身体の問題で困っている人と遭遇するかわからないからである。 名刺を渡す行為は治療家の良心から生まれる親切である。 …

詳細を見る

質量転化の法則

圧倒的な量が圧倒的な質に転化する。 高い質の仕事がしたければ少なくとも人の3倍行動することだ。 治療技術を高めたければ、数多く学ぶだけでなくより多くの患者に真剣に向き合うことが重要となる。 …

詳細を見る

計測すれば改善される

時間短縮をしたければ、問診・検査・カウンセリング・施術等、各々の時間を正確に計測することだ。 出来るだけ細かく計測することで、どこで時間短縮できるか明確になる。 例えば「カウンセリング全体で何分かかるか」ではなく、「根本原因の説明ま…

詳細を見る