本質的な治療院経営ノウハウを身につけたい先生のための、

カテゴリー:治療院経営

治療計画は患者に対するコミットメント

2018.12.10

治療計画は患者に対するコミットメント はコメントを受け付けていません。

shakehand1

治療計画は、患者に起きている問題の根本原因を解消するための計画でなければならない。 つまり「この計画通りに通院してもらえれば必ずよくなります」という患者に対するコミットメント(約束)である。 この重要な治療計画に患者のお金事情や仕事…

詳細を見る

QSCは患者満足度を高める最も重要な行動指標(追記)

2018.12.03

QSCは患者満足度を高める最も重要な行動指標(追記) はコメントを受け付けていません。

治療院経営者が絶対に理解しておかなければならないのは、患者満足度におけるQ/S/Cの重要度は全く同等であるということ。 さらに患者の評価は、C/S/Qの順番で発生するため、優先順位もCSQとなる。 治療院のHP写真・院の外観・玄関・…

詳細を見る

QSCは患者満足度を高める最も重要な行動指標(C編)

2018.11.26

QSCは患者満足度を高める最も重要な行動指標(C編) はコメントを受け付けていません。

Cとはクレンリネスを意味する。これを単純に清潔さと誤解してはいけない。 治療院のほとんどは清潔さには気を配っているはず、毎日清掃したり、除菌したりしているはずだ。 しかしクレンリネスとはそれだけでは不十分、院の内外が常に清潔…

詳細を見る

QSCは患者満足度を高める最も重要な行動指標(S編)

2018.11.19

QSCは患者満足度を高める最も重要な行動指標(S編) はコメントを受け付けていません。

Sはサービスの意味だ。 治療院におけるサービスの大部分は受付アシスタントの出来に掛かっている。 笑顔、気持ちのいい接客応対、スピーディーなお会計などはもちろんのこと、誘導や移動の補助、辛そうな患者への共感や温かい声掛けは、患…

詳細を見る

QSCは患者満足度を高める最も重要な行動指標(Q編)

2018.11.12

QSCは患者満足度を高める最も重要な行動指標(Q編) はコメントを受け付けていません。

Qは品質(クオリティ)のことであり、治療院においては問診・検査・カウンセリング・施術を合わせた治療の4ステップのことである。 治療院業界では施術テクニックに重きが置かれることが多いが、長期間・多頻度の計画的来院に同意してもらえ…

詳細を見る

LTVとTPV

2018.11.05

LTVとTPV はコメントを受け付けていません。

マーケティングを少しでも学んだことがあればLTV(顧客生涯価値)は聞いたことがあるはず。 しかし、自院の平均LTVを算出できている人は少ない。 何故ならLTVとは文字通り患者価値一人あたりの一生涯に使用する金額であり、再初診やメンテ…

詳細を見る

女性患者に選ばれる治療院を作ろう

2018.10.29

女性患者に選ばれる治療院を作ろう はコメントを受け付けていません。

男性に比べて女性の方が圧倒的に肩や腰の痛みを抱えていることをご存じだろうか? 統計によると女性は肩の痛みについては男性の1.6倍、腰の痛みは男性の1.4倍も悩んでいる。 ならば治療院は女性に選ばれるよう努力することは必然といえるので…

詳細を見る

テクニシャンではなく、優秀な治療家を目指せ

2018.10.15

テクニシャンではなく、優秀な治療家を目指せ はコメントを受け付けていません。

肩こりや腰痛といった長期的な問題を抱えている患者を治すために必要なのは「継続的な治療」である。 これは人体(筋・骨格・神経)の構造上、覆しようのない事実だ。 治療テクニックはもちろん治療に欠かせない要素である。 しかし、テクニシャ…

詳細を見る

値上げに踏み切れない治療家へ

2018.10.08

値上げに踏み切れない治療家へ はコメントを受け付けていません。

多くの治療家から適正な料金はいくらかといった質問を受けるが、適正料金とは各治療家によって違うことを知って欲しい。 何故なら適正料金とは地域性や、相場や、施術時間で決まるものではないからだ。 重要な要素は治療家自身が自分が提供する治療…

詳細を見る

利益とは価値

2018.10.01

利益とは価値 はコメントを受け付けていません。

保険から自費に移行することや、施術料金を値上げすることに抵抗感を示す治療家は多い。 何故なら、保険で治療することや、安く治療を提供することが良いことだと思っているからだ。 しかし、「安物買いの銭失い」「安いものに良いもの…

詳細を見る