本質的な治療院経営ノウハウを身につけたい先生のための、

カテゴリー:治療に関すること

【整骨院】メンテナンス期の患者対応について

「メンテナンス期に入った患者さんが  新たな痛みを訴えてきた場合はどうすれば良いですか?」 というご質問をいただきました。 これについてお伝えする前に、まずは「メンテナンスとは何なのか」をしっかりと把握しておく必要があります。 再検査を行…

詳細を見る

遠方からあなたの整骨院や治療院に来院してくる患者を喜んではいけない

ある整骨院の先生から、 「近隣の方がなかなか通って来られないのですが、 遠方の方は100%自費治療で来院されます。  このような状態をどのように解釈するべきでしょうか?」 といったご質問をいただきました。 結論から言えば、このような状況は…

詳細を見る

「根本原因の解消」にフォーカスすると患者は計画的、継続的に通院する

患者の多くは自分の症状について、病院からは「特に問題ありません」「様子を見ましょう」と言われ、他の治療院からは「凝ってる・張ってる・固い」「疲れがたまっている」などと言われている。 つまり自分の痛みや不調の原因が全く分からない状態にあり、…

詳細を見る

治療法別、根本原因の考え方について

これまでにもブログやメルマガなどで 「痛みではなく根本原因にフォーカスせよ」 とお伝えしていますが、「そもそも、根本原因にはどのようなものがあるか?」というご質問を、整骨院や鍼灸院などの先生からいただくことがあります。 根本原因の捉え方は…

詳細を見る

【整骨院】問診の適正時間は何分なのか?

整骨院の先生から、「問診の適正時間は何分ぐらいですか?」という質問をよく受けます。 この質問についてお伝えする前に、そもそも「問診とは何なのか」を理解していない方が意外と多いようですので、整理しておきたいと思います。 問診とは文字どおり「…

詳細を見る

「痛みの解消」にフォーカスするから患者は短期間で離脱する

治療院が患者の「痛みの解消」にフォーカスしていると、実際に痛みが一時的に緩和すれば患者は通院理由を失う。 その反対に痛みが解消しなくても患者は治療の価値が見いだせず離脱する。 つまり治療院が「痛みの解消」を目指している限り、患者を本当に健…

詳細を見る

治療間隔が空いた患者さんの対応について

「1ヶ月以上治療間隔空いてしまった患者さんが来院されたときに、どう対応するべきか? 患者さんは以前と同じ症状なので同じ施術内容を希望されています」というご質問をいただきました。 もしも先生の院が「リラクゼーション」ではなく「治療院」として…

詳細を見る

「本当の治療」とは何か?

勘違いされている先生が少なからずいらっしゃるかもしれませんが、「治療」とは患者さんの痛みを解消する事ではありません。 また、テクニックで「身体に一時的な変化」を与える事でもありません。 痛みを取ることやテクニックばかり追い求めていても、患…

詳細を見る

本当に「治療」と「経営」は別物なのか?

「治療と経営は別物である。だからこそ、どちらもしっかりと学ぶことが必要だ」 「治療と経営は車の両輪のようなものであり、片方だけだと前に進まない」 これは、治療院業界でよく聞く言葉です。 ただし、私はこの考え方には反対です。 何故なら、治療…

詳細を見る

治療院でのがん治療、不妊治療、高血圧治療ってどうなの?

  最近では、いわゆる『ゴッドハンド』と呼ばれる先生から、「難病を改善する治療法」を、学ぶ機会も増えてきました。確かに 難病の治療法を習得できたなら、患者さんへの付加価値も提供できます。でも、実際のところ、どうなのでしょう? 例えば「不妊治…

詳細を見る