本質的な治療院経営ノウハウを身につけたい先生のための、

治療家が患者さんに本当に提供するべきコトとは?

2015.03.03

治療家が患者さんに本当に提供するべきコトとは? はコメントを受け付けていません。

先生が患者に提供する未来は何ですか

先生は、患者さんに何を提供していますか?

この質問に対して、言葉通り、「治療」というサービスを十分に提供できていると、自信を持って言えるでしょうか?

 

もしかして

「マッサージを提供しています」

「痛みの解消を提供しています」

といった回答ではありませんか?

 

もしも治療家であるあなたの回答がそのような種類のものなら、少しやり方を見直す必要があるかもしれません。なぜなら、患者さんが本当に求めているのは、単なるマッサージでも、その場の痛みの解消でも無いからです。

 

こう書くと「そんなことはありません。患者さんは、『マッサージをしてください』『この痛みをなんとかしてください』と言ってやって来るんですから」といった声が聞こえてくるかもしれませんね。

 

確かに患者さんは、そんなことを口にしながら来院されます。ですが、本当に患者さんが求めているものは、口に出しているものと決して同じではないことに、治療家の皆さんに気付いてほしいのです。

 

例えば、治療家のあなたが、急にお腹が痛くなって、病院に行ったとします。きっとあなたは、「この痛みを何とかしてもらいたい」と訴えますよね。それで、医者に注射してもらったり、痛み止めの薬をもらった程度でちゃんと納得できるでしょうか?本当の意味で満足できるのでしょうか?

 

血液を検査してもらったり、レントゲンを撮ってもらったりしながら、身体の中を隅々まで調べるちゃんとした検査の行程を経て、お腹が痛くなった原因を調べてもらいたいはずです。そしてその原因を身体の中から一掃するための治療を早く始めてもらいたい、と考えるのが当然でしょう。これは患者さんであれば誰でも、治療を担当するスタッフに対して求めるごく当たり前のものです。

 

痛みが解消するだけでは、患者さんが満足するはずがありません。ましてやその痛みの解消が一時的な効果でしかなく、ちゃんと持続しないのであれば、満足していただくどころか、継続来院してもらえない理由を、自ら提供しているだけということでしかないかもしれません。

 

患者さんが本当に求めているものをちゃんと提供できる治療院を目指しましょう。

 

関連記事

コメントは利用できません。