本質的な治療院経営ノウハウを身につけたい先生のための、

「コンサルタント」が活躍しやすい業界

2015.11.26

「コンサルタント」が活躍しやすい業界 はコメントを受け付けていません。

PPH_bisinessnote-thumb-815xauto-13455

近年、治療院業界でもコンサルタントを名乗る人が増えてきました。私もその一人ではあるのですが・・・(笑)自称コンサルタントが活躍しやすい業界として、下記のような特徴があります。

コンサルタントが活躍しやすい業界の特徴は以下の2点。

1.(店舗の)数が多い
2.個人事業者が多い

店舗の数が多い
業界として流行っていて、新規参入する事業者が多いという人気の業界といえます。コンサルタントとしては、数多くの潜在顧客となりうるマーケットが存在するということです。事業者が少なく、まだ成熟していないマーケットであれば、よほど飛び抜けた存在のコンサルタントでなければ、クライアント(顧客)を獲得できません。しかし数が多い業界ならば、ちょっとしたノウハウがあれば、一定数のクライアントが獲得できます。 

事業者側からすると、商売敵となるライバル店舗が多いということになり、競争原理も働きます。だからこそ、勝つために専門家のアドバイスが欲しいとも思うのでしょう。

個人事業者が多い

個人事業主の多くは、経営やマーケティングについてノウハウや知識に欠けています。商品やサービスが良ければ売れる、資格があれば食べていける と、思いこんで開業し、実際には営業を始めてから壁にぶつかるケースが多いのです。

該当する業界として、すぐに思いつくのは

・飲食業界
・理容美容院業界

そして、、、我らが治療院業界ですね。

先の2点が揃うと、自称コンサルタントにとっては実に活躍しやすくなります。

 

経営にあたって、重要なことを何一つしていない経営者の方々に、何か一つでもしっかりと取り組んで実施させればと、容易に成果が現れるのですから。コンサルタントとしては、簡単な業界とも言えるのでしょう。

例えば「広告宣伝」です。

上記の3業界 飲食・理美容・治療院の個人事業主の方は、わずかな広告しか打っていません。もしくは、全く広告宣伝をしていない場合も多いかもしれません。そこに、店舗外観でも、HPでも、チラシでも、どれでもいいから広告や宣伝をする。しっかりと宣伝などに取り組ませれば、比較的容易に業績を向上させることが可能です。

もちろんそこにも、どのような広告を、どのタイミングで、といった一定のノウハウは絶対に必要になってきますが、確実に結果は出ます。

しかも、コンサルタントが広告を指導するのには、他にも都合のいいことがあるのです。

広告には、下記のような特徴があります。

・成果を数値化しやすいこと(「このノウハウ」で新規顧客10人獲得!など)
・流行りすたりや、陳腐化すること
・法的制限や管理監督団体があること
(これらが何故コンサルタントにとって都合がいいのか?は、また別の機会に)

誤解の無いように申し上げておきますが、もちろん広告宣伝は事業を行う上では、非常に重要で、必要なことではあります。

しかし、、、各事業者にとって「新規顧客の獲得」だけが最優先の課題とは限らないのです。

特に治療院業界において、私が見てきた3000院以上の治療院の大部分には新規患者獲得よりも、まずは優先的に取り組まなければならない問題が存在しました。地域に根差して20年30年と続けていく仕事が治療院と言うビジネスです。新規の患者さんがたくさん来院したとしても、二度と来院しないような治療院で良いのでしょうか?

・従来の患者さんが離れて行った原因はなんだったのしょうか?
・口コミなどで良い評判がたたないのは、紹介が少ないのは、どうしてでしょうか?
・あなたの治療院の本当の優先課題は何なのか? 

 

まずは、しっかりと考えてみていただきたいと思います。

 

関連記事

コメントは利用できません。